Top > 家づくり

初めての家づくりを成功させるためには、何から始めるべき?

まずは家に対する要望と、その理由をはっきりさせましょう。

家づくりを始める際に、まずしなければならないことは、土地探しでも、会社選びでもありません。
「新居に欲しいもの(要望)」と、「なぜそれが必要なのか(理由)」を明確にすることです。

新居に対する要望は「明るい部屋」「広いLDK」「たくさんの収納」など皆さんそれぞれあると思いますが、
欲しい理由に関してもつきつめて考えておかないと、
建てたあとで「確かに要望通りだけど、こうなるはずじゃなかった」と後悔することもあります。

例えば、現在住んでいる家が狭くて窮屈なため、「新居には絶対に広いリビングがほしい!」と依頼したとします。
建築会社は限られた土地の面積の中で、リビングの広さを優先して設計することになり、
その結果、収納スペースを削ってモノが片づけにくくなったり、
キッチンやユーティリティーが狭くなったりということが起こります。

本当に欲しかったのは、「のびのびとした暮らし」だったはずなのに、
収納に入りきらないモノがリビングにあふれ、キッチンは動きづらく、
朝は洗面台を使うパパとシャワーを浴びる娘とのケンカ…。

要望通りではあるのだけれど、快適な暮らしとは言えません。

こうならないためには、まずすべての要望を紙に書き出し、
それに対する理由を要望の横に記入していきましょう。

頭の中で考えるだけでなく紙に書き出すことで、かなえたいことの優先順位付けもしやすくなり、
「この理由であればリビングの広さにこだわらなくても、
収納や生活動線を考えることでのびのび暮らせるかも」などと気づくことができます。

また、建築会社へ理由も添えて要望を伝えると、
自分では思いつかないプロならではのアイデアで、費用を抑えつつかなえてくれる場合もありますから
「ちょっと難しいかも」という要望でも、まず理由と共に書き出してみることをおすすめします。


この内容がお役に立ちましたら、
「いいね!」や「+1」、「ツイート」「B!」のボタンを押していただくと嬉しいです。

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------
ページ上部へ戻る