Top > 暮らしのマメ知識

「ホコリ」の目立つ家と目立たない家

夏になると、暑さ対策のために窓を開ける機会が多くなると思います。
窓を開けていると、「ホコリ」がふわっと家の中を散歩しているところを見かけます。苦笑

どんなに家の中を掃除しても、「ホコリ」って目につく!とお悩みの方も多いと思います。
ホコリが目立つ家と、目立たない家があることを、ご存知ですか?

皆さんご存知の通り、カーペットはホコリが中にたまるので、特に気になりはしませんよね。
もちろん、定期的な掃除は必要ですけど。


ホコリの目立つ、目立たないを分けるポイントは、ズバリ「色」。
フローリングやクッションフロアなど、「床の色」に着目してください。

ホコリって、もともと白っぽい色をしていることが多いんですね。
ということもあり、白系のフローリングだと、ホコリは案外目立ちにくいもの。
しかし、ダークブラウンなど黒系のフローリングは、少し掃除をさぼると、ホコリ天国に!(ホコリ地獄?)
ホコリの量が増えるのではなく、ただ単に目立ってしまうのです。

ちなみに、白系のフロアでは、髪の毛が非常に目立ちます。
どっちもどっちなんですよね~
考え方を変えると、目立つってことは、掃除への意識が高まるので、本当のキレイを保つにはいいのかも?


ちなみに、ホコリの主な発生源に衣服や布団があります。
ホコリの発生をゼロにすることは不可能ですが、発生を抑える方法はいくつかあるみたいです。

特に、ホコリ対策がされている布団カバーを使うと、かなりの抑制効果があるみたいです。
ホコリは風に乗って移動するので、発生源を抑えることで家全体のホコリの量を減らすことができます。

でも、一番大事なのは、定期的に掃除をするということですね。

ここで、掃除のマメ知識!
フローリングに掃除機をかける時、掃除機の強さは「弱」で十分な吸引力があるみたいです。
これでも結構な節電に繋がるみたいですよ。
是非試してみたください!
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る