Top > 暮らしのマメ知識

家の中に涼しい風を取り入れる方法

最近は暑さも一休みしているようですが、
家の中にいるときは、窓を開けて風を取り入れないと、ジワジワと気温が上昇してしまいます。

ということで、今回は家の中へ「涼しい風」を取り込む方法をお伝えします。

これを意識するだけで、大分涼しさが変わってきます。
日中、晴れの日など、太陽がサンサンと輝いている日などは特に有効です。


当たり前のことですが、太陽は「暖める」力がものすごい強いんです。
その日差しにより、建物の壁を暖めていきます。

その暖まった壁面についている窓を開けると、何がおこると思いますか?

そうです。「暑い空気」が室内に取り込まれてしまうのです。
これでは、風が入ってきても、ちっとも涼しくありません。
日当りがいい窓は「開けてはいけない窓」なんですね。

ほとんどの家庭では、日当りのいい面がリビングになっていると思います。
リビングの一番大きな窓は南側についていることが多いので、要注意ですね。


では、涼しい風はどの窓から入ってくるのでしょうか?
それは、太陽の日差しがあたらない面。
つまり「日陰」になっている壁側の窓を開けると、涼しい風が入ってくることになります。
これを利用して、室内に涼しさを取り入れましょう。

ひとつ注意点が。太陽の位置は時間の経過とともに変わってしまいます。
午前中では、北側や西側の窓を開けておき、午後には西側を閉めて東側を開けるなど、時間帯によって、窓の開閉が必要となります。

とにかく風を入れよう!と全ての窓を開けてはダメなんですね。

もっと効果を上げたい!というときは、涼しい風が入ってくる窓に、
扇風機をおいて、涼しい風を室内に流し込みましょう。


これからが暑さ本番!少しの工夫で涼しさをもっと身近に引き寄せたいですね。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る