Top > 家づくり

2014年秋の土地探しの注意点 その2

続きから読む方はコチラから

「2014年、北海道の秋」に行う土地探しについてのポイント、
2つ目のパターンについてお話しいたしますね。

■来年、消費税が10%に上がる前に建てたい方

まだ決定ではありませんが、仮に2015年10月に消費税が10%に上がる、
と仮定したお話です。

消費税が10%に上がる前に建てたい場合、
以下のどちらかの条件を満たしている必要があります。

 1.来年の3月末までに、土地と建築会社を決め、建築請負契約を結ぶ
 2.来年の9月末までに建物を引き渡してもらう

1.の場合、3月までに請負契約を交わすためには、
それまでに土地を決めなければなりませんね。
「3月まで余裕がある」と思うかもしれませんが、
北海道は11月頃から降雪期に入ります。
この雪が、土地探しにはとても邪魔なんです。
ということは、雪が降る前には土地を決めておかなければなりません。

早めに土地を決めるとなると、
前回お話しした通り、家が建つまでの間は、
土地融資分の金利を支払う必要があります。
土地の購入には消費税がかからないとはいえ、
その金利負担の額も忘れてはいけません。

そして2.の場合。
来年の9月末までに建物を引き渡しをしてもらう場合、
今度は雪解けから土地探しを開始することになるでしょう。
まさに時間との戦いです。

土地(空き地)の雪が解けるのは、だいたい5月頃。
そこから土地を探して、建築会社を決めてプランを考え…となると、
ほとんど時間がありません。

さらに、同じように増税前に家を建てたい!という方がいますから、
建築会社のスケジュールもいっぱいになりやすいんですね。
モタモタしていると、増税後の引き渡しになってしまうことも考えられます。

このように、建てたい時期によっては
考えなければならないこと、気をつけなければならないことがあります。
事前にしっかり確認し、きちんとスケジュールを立てて家づくりを進めていきましょう。


この内容がお役に立ちましたら、
「いいね!」や「+1」、「ツイート」「B!」のボタンを押していただくと嬉しいです。

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------
ページ上部へ戻る