Top > iOS(iPhone,iPad)

iPhoneやiPadで標準アプリを消してしまった時に復活させる方法

iPhoneやiPadで「Safari」や「カメラ」など、標準で組み込まれている

アプリを間違って消してしまった時に復活させる方法です。

※ iOS10では標準アプリの削除が可能になりました。
詳しくは下記のページをご覧下さい。

iOS10ではApple標準アプリも削除/復元が可能に





操作方法


1. ホーム画面の「設定」から「一般」を選択します




2. 「機能制限」を選択します




3. 「機能制限を設定」をタップします




4.「パスコードを設定」でご自分の好きな番号を2回入力します




5. あとは消してしまったアプリを一旦オフにし、再度オンにします



するとホーム画面に復活しています。


もし万一間違って消してしまった場合はお試し下さい!




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が参考になりましたら、「いいね!」や「シェア」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
コメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

下にスクロールすると関連情報もありますので、そちらもぜひお読み下さい。


ウェブサイト制作やコンサルティング、ネット活用のご相談、セミナー講師依頼など、ご相談やご質問は、お問合せページ から、ご連絡下さい!


ニュースレターの無料購読

☆ アクセスアップや認知度を上げたい方のお手伝い ☆
【オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト】
見やすいアクセス解析付きで、アフターフォローとコンサルも付いています!
オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト

☆ Instagramを活用したい方へ ☆
Instagram解説セミナー動画

☆ LINE@で友達登録して頂くと、お役立ち情報が届きます
https://line.me/ti/p/%40ZBD8040H




↑↑ Youtubeチャンネル登録は、こちらからお願いします♪

にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ



ページ上部へ戻る