Top > Google

Google検索で探す情報をいち早く見つけるテクニック

  • 2016-05-31 (火) 18:36
  • Google


あなたが普段よく使っているGoogle検索。

ホームページなどサイトを探したり、わからないことを簡単に調べることができて、とても便利ですよね~♪

しかし、思いつくキーワードを入力して検索しても、なかなか目的とする情報に辿り着かない・・・
そんな経験はありませんか?


検索する時にちょっとしたコツを知っていると、他の人が10分かかるところを1分で見つけることができます。

つまり、検索にかかる時間を大幅に短縮することができます!


検索時には、下記のようなオプションが使えます。

便利なGoogle検索オプション


1).両方の条件を満たしているものを検索(AND検索)

これは、よく使っていますよね。
文字と文字の間にスペースを空けて指定します。
例)札幌 和食


2).どちらかの文字が含まれているものを検索(OR検索)

半角大文字のORで指定します。
(iphone OR android) アプリ
のようにAND検索と組み合わせて、iphoneアプリまたはandroidアプリを調べる事もできます。


3).文字の前に「-(半角マイナス)」を入れて除外検索

例)iphone -5c -5s
この場合は、iphoneの5c、5s以外の情報を探せます。


4).意味を調べたい場合(? とは)

例)iPhoneとは


5).文章やセリフを検索するフレーズ検索(”)

”◯◯”のように、” で囲んだ文字に完全一致したものだけを検索してくれます。
人名、地名、歌詞、文章、セリフなどの検索に便利です。


6).あいまいなフレーズ検索(*)

フレーズの中の一部分が不明の場合、分かっている部分を入力し、◯◯*のように不明な箇所を「*」にして検索します。


7).関連サイトの検索(related:URL)

「related:」の後に、元にしたいURLを入れて検索すると、そのサイトと似たようなサイトを検索できます。


8).特定のサイト内を検索(site:URL キーワード)

特定のサイト内で検索をしたいときには「site:URL キーワード」で検索ができます。
例)site:https://www.shopnet.ne.jp/ まとめ


9).見たいサイトが閲覧できないとき(cache:URL)

Googleがバックアップしているデータから、閲覧することができます。


10).被リンク元のサイトを検索(link:URL)

指定したURLへリンクが貼られているページ(リンク元)が、検索結果に表示されます。


11).ファイルタイプを指定して検索(filetype:)

例)filetype:pdf 申込書
このように、申込書に関連するPDFファイルが検索できます。
ワードファイルはdoc、エクセルファイルならxls、パワーポイントならpptなどが使えます。

その他便利な機能


1).単位や為替変換は「?を?」

例)1インチをセンチ


2).経路検索は「?から?」

○○(現在地)から××(目的地)のように指定します。
例)大通公園から札幌駅
例)現在地から札幌駅


ほかにもオプションはありますが、うまく使って効率よく利用しましょう!




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が参考になりましたら、「いいね!」や「シェア」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
コメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

下にスクロールすると関連情報もありますので、そちらもぜひお読み下さい。


ウェブサイト制作やコンサルティング、ネット活用のご相談、セミナー講師依頼など、ご相談やご質問は、お問合せページ から、ご連絡下さい!


ニュースレターの無料購読

☆ アクセスアップや認知度を上げたい方のお手伝い ☆
【オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト】
見やすいアクセス解析付きで、アフターフォローとコンサルも付いています!
オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト

☆ Instagramを活用したい方へ ☆
Instagram解説セミナー動画

☆ LINE@で友達登録して頂くと、お役立ち情報が届きます
https://line.me/ti/p/%40ZBD8040H




↑↑ Youtubeチャンネル登録は、こちらからお願いします♪

にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ



ページ上部へ戻る