Top > iOS(iPhone,iPad)

iPhoneやiPadの入力を楽にする便利な機能



SNSやメールなど、スマホで入力する機会も多いかと思います。

以前セミナーでもお伝えしたことがありますが、少しでも手間を減らし、入力を楽にできるiOSの機能をご紹介します!

手間を減らし、入力スピードを上げる


スマホで文字入力をする時、フリック入力はお使いですか?

フリック入力とは、画面をタップしたまま指を上下左右に滑らせることで、文字を入力する方法です。



たとえば「あ」をタップしたまま指を左に滑らすと「い」、上に滑らすと「う」が直接入力できます。

「お」を入力する時、通常は「あ」を5回タップしなければならないところ、「あ」をタップしたまま下に指をずらし離せば1回で終わります。


このように、フリック入力をマスターすると、圧倒的に入力が速くなります!

また「あかさたなはまやらわ」については、同じ文字を連続して入力したい場合に、「あ」を連続して押せば「あああ」のように入力もできます。


フリック入力を使う場合には、iPhoneの設定をする必要があります。

「設定」-「一般」-「キーボード」から、フリックのみオンにします。



入力した文字を戻す


メールやメモなどで、入力した文字を間違って消してしまった時など、iPhoneをシェイクして振ることで前の動作を取り消し、元に戻すことができます。

表示された画面の「取消」をタップすると、消した文章が元に戻ります。



ただし入力してすぐ文章を消して取消を行った時間が短いなどの場合、正しく戻らない場合もあるみたいです。

この機能を使う場合は、

「設定」-「一般」-「アクセシビリティ」から、シェイクで取り消しオンにします。



日付や住所を入力する


日付を簡単に入力することもできます。

「きょう」「あした」「あさって」「きのう」「おととい」などと入力すると、変換の候補に日付が表示されます。



「ことし」や「きょねん」も同様にできます。


また郵便番号7桁を入力すると、変換の候補に住所が表示されます。


ほかにも、過去に書いた下の関連記事もご参考にして下さい(^^♪

【関連記事】

iPhoneやiPadで大文字を連続入力するには

iPhoneやiPadで手書き文字入力する方法




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が参考になりましたら、「いいね!」や「シェア」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
コメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

下にスクロールすると関連情報もありますので、そちらもぜひお読み下さい。


ウェブサイト制作やコンサルティング、ネット活用のご相談、セミナー講師依頼など、ご相談やご質問は、お問合せページ から、ご連絡下さい!


ニュースレターの無料購読

☆ アクセスアップや認知度を上げたい方のお手伝い ☆
【オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト】
見やすいアクセス解析付きで、アフターフォローとコンサルも付いています!
オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト

☆ Instagramを活用したい方へ ☆
Instagram解説セミナー動画

☆ LINE@で友達登録して頂くと、お役立ち情報が届きます
https://line.me/ti/p/%40ZBD8040H




↑↑ Youtubeチャンネル登録は、こちらからお願いします♪

にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ



ページ上部へ戻る