Top > iOS(iPhone,iPad)

【iOS11】iPhoneも標準カメラでQRコードの読み取りが可能に!



これまでiPhoneなどでQRコードを読み取りたい場合には、他のアプリを入れなければなりませんでした。

iOS11では、標準アプリの「カメラ」でQRコードの読み取りが可能になりました。

QRコード自体は、以前から書籍や雑誌、チラシなどでも利用されていますが、あらためて利用する機会が増えるかもしれませんね(^^♪

今回は、標準アプリの「カメラ」でのQRコードの読み取りについてお話しします。




QRコード読み取りの設定


標準アプリの「カメラ」でQRコードを読み取りしたい場合は、下記の設定を行います。


1. 設定アプリから、「カメラ」を開く




2.「QRコードをスキャン」をオン(緑)にする




QRコードの読み取り方法


標準アプリの「カメラ」を起動して、撮影画面内にQRコードを収めます。

QRコードが認識されると、自動的に画面上部に通知が表示されます。

シャッターボタンで撮影する必要はありません。




この通知をタップすると、SafariでQRコードに記載されたサイトが表示されます。

これだけの操作なので、とても簡単です!


最後に


以前から、標準アプリの「カメラ」でQRコードが読み取れないのは不便でしたが、iOS11で解決ですね(^^♪


QRコードは、ウェブサイトを開くだけでなくいろいろな利用方法があります。

たとえば、

・連絡先に電話番号やメールアドレスを追加

・カレンダーに予定の情報を追加

・設定された宛先に、指定の件名や本文のメール作成

・位置情報をマップ上に表示

・SMSの送信

・電話をかける

などが考えられます。


入力の手間を省くために、名刺にQRコードを入れるなど、活用されてはいかがですか(^^♪


【関連情報】

片手で文字入力しやすくなる iOS11の片手用キーボードの操作

9月20日に公開!「iOS 11」の内容と事前準備



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が参考になりましたら、「いいね!」や「シェア」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
コメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

下にスクロールすると関連情報もありますので、そちらもぜひお読み下さい。


ニュースレターの無料購読

☆ アクセスアップや認知度を上げたい方のお手伝い ☆
【オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト】
見やすいアクセス解析付きで、アフターフォローとコンサルも付いています!
オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト

☆ Instagramを活用したい方へ ☆
Instagram解説セミナー動画

☆ LINE@で友達登録して頂くと、お役立ち情報が届きます
https://line.me/ti/p/%40ZBD8040H




↑↑ Youtubeチャンネル登録は、こちらからお願いします♪

にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ



ページ上部へ戻る