Top > お役立ち情報

スマートフォンで構図を意識したセンスのいい写真を撮るために



今はスマートフォンの性能も上がって、何気なく写しても綺麗に撮れます。

さらに構図を意識すれば、より素敵な写真を撮ることができます。


写真を撮影する時には、構図はとても大切です。

構図とは、被写体のバランスや配置取りを考え、センスのいい写真を撮影することです。

今まで何気なく撮影していた平凡な写真も、構図を頭に入れて撮影すると、まったく違う写真になったりします。

今回は、スマートフォンで構図を意識した写真を撮るための機能についてお話しします。




構図を意識するために


撮影する時、スマートフォンには「グリッド」と呼ばれる罫線を表示する機能があります。

グリッドを使用すると、縦横2本ずつの線が、画面を9分割して表示されます。


構図にはいろいろなものがありますが、基本的な構図がこの「三分割法」です。

グリッドの線上や交点に被写体を置いて撮影すると、バランスの取れた写真になります。


グリッドを設定する


スマートフォンのカメラアプリでグリッドを表示するには、iPhoneの場合、以下の方法で設定します。


1.「設定」アプリを開き、「カメラ」をタップします。




2.「グリッド」を、オン にします。




これでカメラアプリを開くと、画面上に縦横2本ずつの線が表示されます。


真上からの写真を撮影する際に


料理の写真など、真上から撮影する場合もあるかと思います。

しかし、被写体を真上から正確に撮影するのは意外と難しいものです。


iOS11 からは、「ガイド機能」が追加されました。

グリッドを表示する設定をして、撮影時カメラを下に向け水平に近い状態になると、画面中央に2つの「+」マークが表示されます。




黄色の「+」マークが、白色の「+」マークに重なるように スマートフォンを動かします。

重なった時、カメラが正確に真下を向いている状態です。

そこで静かにシャッターを切りましょう!




最後に


慣れてくると、グリッドを表示しなくても構図を意識して撮影できますが、最初のうちは表示するよう設定しておくのがオススメです。

構図を意識して、素敵な写真を撮りましょう!


さらに今だけ、下の「ニュースレター無料購読」に登録していただくと、構図について詳しい資料をプレゼントしています。

スマートフォンならではの特性や、撮影する上でのポイント、シーンごとの撮影テクニックの事例など、さらに綺麗で素敵な写真が撮れるための内容をまとめてあります。

ぜひ登録して、入手して下さい!



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が参考になりましたら、「いいね!」や「シェア」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
コメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

下にスクロールすると関連情報もありますので、そちらもぜひお読み下さい。


ニュースレターの無料購読

☆ アクセスアップや認知度を上げたい方のお手伝い ☆
 【オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト】
オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト

☆ Instagramを活用したい方へ ☆
Instagram解説セミナー動画

☆ LINE@で友達登録して頂くと、お役立ち情報が届きます
https://line.me/ti/p/%40ZBD8040H




↑↑ Youtubeチャンネル登録は、こちらからお願いします♪

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さいね。


にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ




ページ上部へ戻る