Top > アロマストレッチ

THE・生活密着アロマ! ~ボディもマインドもスッキリ暗示~

サロンでは、

アロマストレッチングという

オリジナルボディトリートメントが人気です。

これは、僕が徒手的に

表在筋(触ることができる浅層の筋肉)をストレッチし、

+α、セラピーグレードの精油(ヤングリヴィング社)の力を借りて、

より、深い筋層までリラクゼーションを促します。

また、この精油は体内に蓄積された余分な細菌・ウィルス・重金属の排出を促す

デトックス効果が期待されます。

※ ヤングリビング社 ⇒ こちら



このヤングリビング社の精油の効果は素晴らしく、

個人的には解熱、鎮痛時によく助けられています。

以前、朝から39℃代の発熱があった時、

鎮静作用のある精油を10種類使ったところ、

午後には平熱に戻り、大切な用事をキャンセルせずに済みました。

このように、ヤングリビング社の精油は

生活の上で大変重宝するものばかりです。



しかし、種類がたくさんあって、

一体全体、何を使えばいいのだろう、と思うのも確か。

クライエント様からも一番多く聞かれる質問です。

ということで、

まずはこれだというオススメの精油をご紹介します。

注) この記事はヤングリビング社の精油に限った効能です。



1つ目は、この夏に欠かせない精油



ペパーミント


クールで清涼感あるスキッとした香りが特徴です。

このペパーミント、僕の夏の必須アイテムなんです。

なぜ必須アイテムなのかというと、パワフルな虫よけ効果!です。

よく関西圏に行く僕としましては、やはり気温の高さに服装も半袖短パンです。

しかし、肌を露出すると、容赦なく蚊に血を吸われてしまいます。

しかも、生まれ育っていない土地で

蚊に刺されると必要以上に免疫システムが働き、地元よりも症状が強く表れるものです。

それに加え、

かゆくてかゆくて、掻きむしって、余計に腫れて、血までにじんで、

そんな悪循環にもなってしまいがち。

ですから、前もって、ペパーミントをスプレーをしておくと、

すべて防ぐことは難しいですが、効果のほどは実感できると思います。

先日の和歌山3日間、自然豊かな場所でしたが1ヵ所も刺されずにすみました。

ちなみに、ヤング社のペパーミントであれば、

刺された箇所にも塗布ができますので、

抗炎症作用や鎮静効果、そして、かゆみを抑制する効果もあるのです。



そして、プラス、冷却作用です。

ペパーミント内に含まれるメントールの作用ですが、

暑い夏には、この効果がプラスされるだけで助かります。

僕は皮膚がそこまで弱くないので首筋にスプレーしますが、

心配な方は、タオル地のハンカチなどに塗布して、

首筋にかけておくだけで程よい清涼感を得ることができます。

※ 間違ってもそのハンカチで目の周りは拭かないでくださいね。



ペパーミントには、マインドをスッキリさせる作用もあります。

仕事に煮詰まった時、考えても仕方がないのに考えてしまう時、

気持ちを切り返して物事に取り組む時など、特にオススメしております。



ペパーミントを使う習慣ができると、マインドのスッキリ暗示になります。

香りは大脳辺縁系、つまり潜在意識にダイレクトに届きますから、

習慣化させて暗示に使用すると大変効果が高いのです。



2つ目は レモン


ヤング社の精油の中でも基本中の基本。

効果のほども素晴らしく、お値段も手ごろです。

レモン精油の効能は、その解毒効果にあります。

特に化学物質の溶かす力が強いことでも知られています。

スーパーで鮮魚を買うとプラスチックのトレイがついてきますが、

そのトレイにこのレモン精油を垂らすと、ものの2分で溶けて穴があきます。

凄い溶解力です。



農薬の王様と云われる大葉やブロッコリーは、

水に漬けて30分置くといいと言われています。

僕の場合は、そこにプラスα、

ヤング社のレモン精油を数滴垂らすことをオススメしています。



そして、このレモン精油は飲用します。

そう、この化学物質を溶かす力を使って

体内の化学物質を溶かし体外に排出するのです。

レモン水として飲水する時は、ガラスや陶器をお使いください。

このレモン精油は健やかな暮らしの必須アイテムなのです。



3つ目は ティートリー


くしゃみ、咳、鼻づまりにはこれ!と言われるティートリー。

花粉症や感冒症状にオススメします。

オーストラリア原住民のアボリジニーは

傷口に塗り、薬として使用していたそうです。

先人たちは素晴らしいですね、

確かに、消炎鎮痛作用、抗菌作用があるので傷には抜群です。



そして、ティートリーの香りを嗅ぐと分かりますが、歯医者さんの匂いがします。

そう、歯肉炎や歯槽膿漏にも効果が期待されます。

僕は、歯磨きの後にティートリーを歯肉につけてマッサージします。

はじめは辛味を感じますが、慣れますので大丈夫。

次の朝の口臭の違いに歴然とします。

流行風邪の季節には、ディフューザーで噴霧したり、うがいに使ったりしましょう。



と いった具合に、

ヤング社の精油に凝縮された天然のハーブのエッセンスは

無害で、その効果を存分に発揮してくれます。

なぜか?

ヤング社はハーブの栽培に完全無農薬だからです。

一般的に3年農薬を使っていない土地で栽培すると、

無農薬の認定が下りるようですが、

ヤング社は、過去に一度でも、

農薬を使っていた土地は使用しないのです。

徹底した管理とすべての工程を自社で製造するシステムが、

ヤングリヴィングの精油の高品質に繋がっているわけです。



みなさんも、僕のオススメ精油

ペパーミント・レモン・ティートリー

この3つから始めてみてはいかがでしょうか。



お付き合い ありがとうございました。

 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!


↑↑ Youtubeチャンネル登録は、こちらからお願いします♪

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

動画一覧を見る

関連リンク

札幌 心理カウンセリング・コーチング ブログ更新 全国各地セミナー・ワークショップ開催情報

SNSサイト

下記SNSでもよろしくお願いします

facebookページ
Twitter
Youtube
Google+
Lineat
ページ上部へ戻る