Top > 家族について思うこと

親から学ぶ、命の形。~忘れてゆくチャンス~

ここ数日、両親が我が家に泊まっています。

父方の叔父が危篤で、

ドクターから親族に招集がかかったわけです。



なので、

父方の本拠地函館から叔母たち、

従兄やらも来札。



しかも、

我が家に呼んで

簡単な飯会をしたのでした。

この時、従兄の推定6年生の娘、

推定1年生の息子も来たのですが、

はじめて会いました(笑)





日本は母系社会です。

それは、古代から脈々と続いた文化でもあるんですね。

第21代天皇 雄略は

皇位を争う従兄や血のつながった兄を殺します。

その結果、第25代天皇 武烈で後継者がいなくなってしまったのです。

当時、父系の第一子が大王継承の条件でしたから、

血統の維持は父系なんですね。



ただ当時、天皇は

大伴氏、物部氏などの有力豪族の娘を娶って、

その有力豪族の持つ莫大な力で

天皇の立場が維持されていたわけです。

つまり、継承権は父系ではあるが、

実権は母系のつながりが強かったわけです。



天皇家のお話で、

庶民に反映されるわけがないと思うかもしれませんが、

当時の世襲が分かるわけです。

日本は古代から、父方のつながりが弱かったんですね。





人の死とは、

残された縁者にとって悲しいものです。

二度と会えない、

二度と。



父はこの数年で3人の兄を亡くしました。

全員、癌です。

今逝こうとしている叔父(父の弟)も、すい臓癌。

父自身、昨年膀胱癌に罹患していたので、

彼の心の中は穏やかではないでしょう。



父の兄弟は、男が5人、女が3人の8人兄妹。

長男のカツオ叔父ちゃんはこの兄妹の親代わりでしたから、

以下7人にとても尊敬されていた人でした。

残りの4人の兄弟ですが、

ここは、常に兄弟間で金銭のトラブルがつきまとい、

死んでも会いたくない、と父が言うくらい仲が悪かったのです。



今まさにシーツの闇を彷徨っている叔父もそのひとり。



1ヶ月ほどに前に、

父が面会に行ったときは、

普通に話をしていたようで、

俺はもうダメだな、

なんて叔父が父に話していたようです。



それから1月も待たず、

父が呼ばれて行くと

生気がなく、痩せこけた姿に変わりはて、

もう本当にダメなんだな、

父はそう感じたそうです。



よく来てくれたな、

うちに泊まっていけばいい、



叔父はか細い声で父にそう話したそうです。

憎しみ合っていた叔父と父。

もうお金を自分の力で動かせない身となっては、

お金の話などしても仕方がない。



彼にとって、

そんな話題などなんの意味も成さないのです。

今の叔父からすれば、

ただの兄弟になっていたのでしょう。



我が家で晩酌をしながら、

父の悲しみは、

いらだちと変わっていました。

そんな時、母が父をたしなめるのです。



もう死んでゆく人に

過去の出来事を問い詰めてもしょうがない。

せめて血族くらい看取ってあげないと。



父にこの言葉がどこまで届いたかは分かりませんが、

僕はその言葉で、

死ぬ時とは、生前の傷つき合いを許す

最後のチャンスなんだなぁ、と気づきました。



これは、死んでゆく者が成仏できるとかできないとかの

事を言ってるのではなく、

残された者が死んでゆく者にこだわりを残すことなく



忘れてゆく。



そのための最後のチャンス。

忘れてゆく、という聖なるチャンスなんですね。



話が変わるかもしれませんが、

老年性の認知症が

病気であるかは別として、

僕は死の在り方のひとつだと信じています。



ひとつひとつ、

こだわっていたことを忘れてゆく、

社会性、人間関係からはじまり、

孫の顔、娘の顔、そして自分の名前。

命を燃やして、

集めたすべてのことを

今度はひとつずつ手放してゆく作業。



そして

身体に刻み込まれたこだわりを解き放つたび

肉体と魂をつなげていた重しがはずれてゆく。

全部はずれた時、

肉体と魂が分離する。

それが死。





叔父の危篤は、

普段会わずに過ごした血族同士を

引き寄せる力があると知りました。



4分の1でも、

8分の1でも、

16分の1でも同じ血が通い、

この世で生きている血族です。



会えた時くらい、

その人に、精一杯こだわった関わりをして、

笑いあえたらそれは最高、

たとえ苦々しく怒りに満ちても、それもまたひとつ。

まず関わってみる。



そして、そのこだわりをも、

いつしか忘れてゆくのです。

命の後半戦、

健全に忘れてゆくことが

幸せ暗示なんだな、

父母を見て、そう学ぶのでした。



これは、血族じゃなくても一緒。

これから出会う、たくさんの人、

ひとりひとり、

ひとつひとつ、

精一杯こだわって、

精一杯こだわって、

精一杯こだわって、



そして、きちんと忘れてゆこう、

そう思うのでした。






10月22日(日) 10:00~

新感覚!陰の癒しフェス

クレイジームーン


僕とたまちゃんとともちゃんの3人主催で開催です!





PC用ホームページは ⇒ こちら

FBページは ⇒ こちら

AMICAのホームページは ⇒ こちら

 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!


↑↑ Youtubeチャンネル登録は、こちらからお願いします♪

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

動画一覧を見る

関連リンク

札幌 心理カウンセリング・コーチング ブログ更新 セミナー・ワークショップ情報 全国各地セミナー・ワークショップ開催情報

SNSサイト

下記SNSでもよろしくお願いします

facebookページ
Twitter
Youtube
Google+
Lineat
ページ上部へ戻る