Top > 新感覚 陰フェス! CRAZY MOON

凡人という層で生きるために

ほぼ毎日

社会的に良いふるまいを

要求されて、それにしっかり準じている人が

様々な事件を起こして処罰を受けている。



まぁ、あの人がこんなことを?

って言われてる。





これって自分の中の『陰』を

無視し過ぎたことが

原因なんじゃないかと思った。



命根性は誰だって汚いし

まばたきするだけで腹減るし

エッチもしたくなるし

欲しいものにあふれてる。



人間であれば誰でも

無意識に湧き上がってくる。



それら当たり前の欲求を

社会は手あたりしだい抑圧する。



正しくあれと。



この社会を形成する人間ひとりひとりが投影した

この層はなぜだか『陽』に手厚い。



その手厚さがプレッシャーとなって

自分の中の陰を抑え込む。



当初は抑え込めたかもしれないけれど

なくなったわけじゃないから

次々抑え込んで、

抑え込むことが習慣化して

しまいに陽の人格だけが

自分だと思い込んでしまう。



一方、陰の自分は煮だった鍋のように

グラグラして今にも漏れ出しそうになる。



数秘でいうと人格数(ペルソナ)を

誕生数と勘違いしてしまう状況。



不自然にキラキラしている人

妬む人

表面的に情熱家で

いう通りにいかないと突然攻撃する人



一見、社会貢献度が高く見せておいて

本当は自分のために行動している、という人たちになる。



何が言いたいのかというと

我々の中にはポジティブとネガティブ

善と悪

神と魔

すべてが対で存在しているんだということ。



お互いに対で、

バランスよく存在することが大事なんだよ。



そのためにも

蓋をしがちな陰の部分を

大切に扱うことが必要なんじゃないか。



たとえば

人を愛した時、

愛した分だけ憎しみが隠れている。

恋人たちは

普段怒る程度の事ではない

些細な意見の食い違いでケンカになる。



愛すれば愛するほど、

犠牲、期待、裏切りが出やすくなるから。



またそうかと思えば、

ケンカがまるくおさまると

以前より親しみが増し

憎しみがより大きな愛に変わる。



その愛憎の振れ幅が大きければ大きいほど

幸福感が得られやすい。

刺激的で美しい。



愛するということは、憎しむということ。



だけど

人は憎しみがこんなにあふれ出しているのに

気づいていない。

というより

無視する癖がついてしまってる。



するとまた蓋をして

キャパシティオーバーになって

衝動的で破滅的な行為に至ってしまう。



この生きづらい世の中で

それなりに生きてゆくには

自分の陰の部分を自覚し

その陰を何かしらの形で

健全に発散できるようになるこが大事だと思う。



じゃあ 健全に発散ってどうすりゃいいの?

ってことになるんだけど

6/3 CRAZY MOONに出ている人たちに

触れてみるといいと思う。



百聞は一見に如かず。



凡人という層で円滑に生きてゆくのなら、

自分の中の陰を大切に扱えないとね。





<CRAZY MOON関連記事>

CRAZY MOON 2 のブログは ⇒ こちら

CRAZY MOON 2 の特別企画 6月2日 CRAZY MOON eve 前世説教部屋 強化版のブログ  ⇒ こちら

CRAZY MOON 2 の前世説教部屋のブログは ⇒ こちら

CRAZY MOON 2 アーシングイベント 裸足で円山登山 & 神宮参拝 ⇒ こちら

CRAZY MOON 2 女神たちのトークライブ ~スピリチュアルから見た穢れのススメ~ ⇒ こちら
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!


↑↑ Youtubeチャンネル登録は、こちらからお願いします♪

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

動画一覧を見る

関連リンク

札幌 心理カウンセリング・コーチング ブログ更新 セミナー・ワークショップ情報 全国各地セミナー・ワークショップ開催情報

SNSサイト

下記SNSでもよろしくお願いします

facebookページ
Twitter
Youtube
Google+
Lineat
ページ上部へ戻る