Top > 一般

催眠療法・ヒプノセラピーとは

  • 2017-12-28 (木) 08:36
  • 一般

催眠療法とは



(さいみんりょうほう、英語: hypnotherapy)とは、催眠を用いる精神療法の一種である。

催眠療法は1955年に英国医師会 (British Medical Association) が有効な治療法として認めている。米国医師会 (American Medical Association) も1958年に催眠を有効な治療法として認めている。アメリカ心理学会 (American Psychological Association) と米国歯科医師会もまた催眠を有効な治療法として認めている。日本医師会からの承認は現在は行われていないのが実情である。



催眠はそれ自体安全なため欧米でも国家資格はない。欧米では、催眠療法家が協会を結成し、催眠療法士 (hypnotherapist) を認定する仕組みが一般的になっている。

最も歴史があり世界的にも最大の規模を誇る米国催眠士協会 (National Guild of Hypnotists, NGH)、アメリカでは米国催眠士協会に続く規模の米国催眠療法協会 (American Board of Hypnotherapy, ABH)、そして国際催眠連盟 (International Hypnosis Federation) などがある。

NGHは、100時間のトレーニングに対して「ヒプノセラピスト資格」を発行している。一方ABHは、2日間の基礎トレーニング受講者に対して「ヒプノセラピスト資格(初級レベル)」を、90時間のトレーニング受講者に対して「マスター・ヒプノティスト資格(上級レベル)」を発行しており、後者がNGHのプロ資格に相当する。

日本では2日間の講座に対して発行されるABH認定「ヒプノセラピスト」を保持しているセラピストが多く存在するが、一般的にこれはプロ資格としては認識されていない。

日本の医師免許取得に催眠療法の理論や技能等は必要とされないが、米国には催眠療法の博士号が存在する。一方、日本では資格としては、日本催眠医学心理学会認定の「催眠技能士」等がある。

催眠関連の学会の中には、催眠を娯楽の対象とする計画・活動に学会会員が参加・協力することを倫理綱領によって禁じているものもある。近年、日本の医師・看護師などの医療資格者も臨床に取り入れるために、催眠療法を学ぶ活動がみられている。



催眠療法とは



精神療法・心理療法の一つであり、セラピストの穏やかな言葉掛けでリラックス状態になり、五感を使ったイメージングの中で行動療法をすることを言います。

具体的には、主に対話を用い、精神障害や心身症を呈している人、心理的問題や不適応に陥っている人、種々の困難を抱えている人などの認知・情緒・行動などに働きかけ、そこに適応的な変化を図ることを目的とする。特に、人間関係に起因するストレスなどの影響が認められる心因性の精神疾患の治療においては、心理療法はストレスそのものの分析・考察を行うため、表面的な症状を抑える薬物療法などの対症療法とは区別される。

性格傾向・病理水準・発達水準などにより向き不向きがあるため、主訴や各水準の臨床心理査定と照らし合わせ、相談者との共通理解のもとで、適した心理療法が選択され用いられる[3][4]。

ウィキペディア 心理療法 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E7%90%86%E7%99%82%E6%B3%95

より引用



催眠療法士さとう まみよ から



催眠療法(ヒプノセラピー)とはを少しはご理解頂けたと思います。

催眠状態は寝起き、寝掛けのウトウト状態です。
意識はしっかりしています。
セラピストに操られることはありません。


心の病気、身体の病気は自分が創っています。
「病は氣から」「氣の持ち様」と昔から言い継がれています。
「元気の氣と病気の氣は細胞レベルでリンクしている」と云われています。


つまり
いつもクヨクヨしていると「潰瘍」になる!
いつも怒っていると「結石」になる!
いつも怒っていると高血圧になる!
いつも不安を持っていると「腹痛」になる!
いつも言いたいことを我慢すると「声」が出なくなる
いつも人を恨んでいると「癌」になる!
という傾向があるといわれています。

このようなマイナスの気持ちをプラスまたはフラットに置き換えて
自身が勝手に創り上げた思い込みを手放し
楽に自由に自分を生きるセッションを致します。

所謂
我慢癖・頑張り癖・いい人に思われたい思考癖を手放し
抑圧・規制・義務感などから解放されるセッションを致します。

ガンジガラメの人が心のバランスを崩し、身体に支障を来たすわけです。

《さとうまみよ 催眠療法士歴》



2011年 4月 野中香メンタルサポートオフィス ヒプノセラピー養成所 基礎・中級コース入学

2012年 3月 野中香メンタルサポートオフィス 基礎・中級コース修了


2012年 7月 野中香メンタルサポートオフィス 
         米国催眠療法協会 (American Board of Hypnotherapy, ABH) 資格取得


2013年 5月 野中香メンタルサポートオフィス 
         日本ヒプノセラピー協会 (JBH)認定コース  上級プロフェッショナル・コース修了


上記履修時間 235時間 2017年12月現在約2500セッションする



催眠療法は日本では国家試験ではないので
認めて貰えておりません。

また、催眠術でパフォーマンスでされる方もおり
このイメージが強く
療法士につながらない現実がありますが
中には
わたしのように精神療法士張りに励んでいるものもいますことを認知していただけると
嬉しです。

催眠療法士とは・・・
・薬を使わず心の病気を改善する人
・心の病気は心で直すことをナビする人
・潜在意識が商材であり潜在意識のスペシャリスト
・潜在意識の役割を熟知している人
・潜在意識の機能を実践している人
・潜在意識は宇宙そのものと理解できている人
・自然界のルール・宇宙の法則を理解・実践できる人
・ヒトの本質を学んでいる人
・人々の心の平和を願うという信念を持っている人

◆ハートフルライフ来談者のお悩みを解決したもの◆


軽うつ・完璧症・潔癖症・恐怖症・不安症・自信喪失・依存症(タバコ・酒・薬・SEX・買い物)・引きこもり・囚われ(トラウマ)・もう一人の自分・自傷癖・自殺願望・離人症・心身症・癌・対人関係・仕事の悩み(適職・天職探し)・恋愛・婚活・結婚・夫婦問題・嫁姑問題・不倫、浮気・親子関係

①自分に自信がない ②うつ状態 ③離人感  ④脅迫観念癖 ⑤パニック癖 ⑥依存癖(タバコ・酒・SEX) ⑦心身症に伴う体調不良 ⑧恋愛べた ⑨不倫浮気の清算 ⑩摂食障害  ⑪引きこもり ⑫いじめ・虐待の囚われ⑬人間関係がうまくいかない ⑭夫婦関係の修復 ⑮親子の確執   ⑯大事な人とのお別れ ⑯ペットロス ⑰癌患者の緩和セラピー 他



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



癌や特定疾患の方対象!催眠療法モニターさん募集!

詳細とお申込み

https://www.shopnet.ne.jp/shop/heartful-lifu/index.php?itemid=6103

 
 
 
★最後までお読みいただき、ありがとうございます。
「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

関連したこちらの記事もご覧下さい

ページ上部へ戻る