Top > 一般

催眠療法(ヒプノセラピー)の改善力  催眠に入らないかた

  • 2018-03-26 (月) 07:44
  • 一般
2011年から今日まで2500回程、5000時間以上セッションしてきた私の臨床例です。

催眠療法・ヒプノセラピーとは???
ここをクリックしてください。

ケース17 催眠に入らないかた 




2500回ほどのセッションで催眠に入らない人が過去10回程いたでしょうかね~~


他のところで催眠に入れなかったかたが
私のセッションで催眠に入ったかたも数人いらっしゃるのですが

入らなかったかたもいますね。


どんな状態のクライエントかというと・・・・

①顕在意識の塊でガチガチのかた
②私とラポール(信頼関係)が出来ていないかた
③自分はかからないであろうと決めているかた
④自己肯定感があまりにも低いかた
⑤猜疑心の強いかた
⑥素直ではないかた
⑦知的障害者

ですね。

何が見えていますか?
何かを感じますか?

と聞きますが、真っ白・真っ黒といわれたら
3回は入れ直します。

それでもダメでしたらクライエントが疲れますので
今日はこれで止めましょう で終了します。

この場合は私にすべてを話していないクライエントだったり
潜在意識が本当の姿を誘導できない場合もあります。

①の件では
思い込みや自分の価値観でガチガチの方も入っていますので
色々ワークをして思考回路をほぐします

②の件では
基本私のブログをみて私の人間像や想いを理解した上で
来談しますのでラポールが取れるのですが、HPやブログをみていないかたとは
100%ラポールが難しいかな~~と感じています。

③の件
過去の体験が根拠になってわたしは催眠なんてかからないんじゃない!と
思っているかたはその言葉で暗示になっていますのでかかりません。
この方には来談はお断りしたいのですが、ワークをしたり諭してみたりしますね(*^_^*)

④の件
自己肯定感が低い方は自信がありませんから
潜在意識から炙り出してきた五感を気の精にしてしまいますので、
「気の精かもしれませんが・・・・」と云います。
これは不要な言葉です。
気の精ではありません。潜在意識が誘導した感情感覚ですので大事にとらえて下さいね。

⑤の件
斜に構えるかた。この方もラポールが出来ていないのと自分を信じることもできませんから
気づきや学びが受け取れにくいかた。
最初の思考回路のリセットをして柔軟にして催眠を致します。


⑥の件
言い訳・弁解・言い逃れ・・・自己肯定感が低い方の行動傾向です。
自信がないのでそうなりますし、勇気も潔さも残念ながら持ち合わせていないですので致し方ありません。
自分をありのまま観る・受け取る・認めることもできない。
自分に責任が取れない訳ですよ。
原因は成育歴です。
これは時間が非常に掛かります。

⑥の件
軽い発達障害のかたは入ります。
知的障害のかたははいりません。

また、人格障害者も虚飾の世界で生きていますので
気づきと学びを受け取ることができませんね~~~

以上


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆セミナー告知

催眠療法ヒプノセラピー 説明体験会


緩和ケアセラピー説明会
https://www.shopnet.ne.jp/shop/heartful-lifu/index.php?itemid=6231


催眠療法士ヒプノセラピスト  さとう まみよ

 
 
 
★最後までお読みいただき、ありがとうございます。
「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

ページ上部へ戻る