Top > 魂を磨き天界につながるセミナー&セッション

人間性を高め魂を磨くブログセミナー3

読者の皆様、いつもこちらをお読みくださり有難うございます。
日々ご無事でお過ごしのことと存じます。


[人間性を高め魂を磨くブログセミナー]
受講料20万のセミナーの一部を、無料でブログセミナーしております。

このブログの目的は
心眼を養うことが目的です。
心の目で真実を見通してほしいのです。
TV、新聞、ユーチューブと情報が氾濫しており
何が真実か?フェイクなのかを確信していただくことが目的です。


これが本当に実践できた暁には
先見の明!この働きが機能します。

そして
これからの時代を乗り越えて生きていきましょう。


では、3日目
潜在意識の意識層と役割2

潜在意識の機能と役割1では
思い込みの成り立ちをお伝えしました。
そのことから、ヒトは意外といい加減で
真実を観ていません。

また、
権威のある立場、インパクトのある人のお話は
信じてしまいがちです。
これも人の心理で
「権威への服従」というように機能することになっていますので
従順、忠実という行為も
心眼を持って対応してください。

特に日本人は・・・・

話が逸れました。本題に戻ります。


潜在意識の機能は
「感情」「情動」のほかに
想像、創造、インスピレーション、直観、
記憶の保存、感じる、フィーリング、感覚の領域。

つまり
ひらめき!直観、第6感が発生するところですね。
ピンときた!はここです。

これらは常日頃から
喜怒哀楽苦の感受性が豊かであること。
それをしっかり自分の事として受け止め、捉えることが出来ること。
それに寄って
好き、嫌い、快不快の分別が出来ます。

この部分をブロックすると
何も感じないようになり、
喜怒哀楽苦の判らない人
自分の感情が判らない、理解できない、言語化できないようになります。

この傾向は
とても辛く、苦しい、悲しい、切ないという
怒哀苦の重度の経験を重ねたかたが
防衛本能(潜在意識の機能)としてブロックするものです。

ここで、心のバランスが崩れてしまうのです。
「鬱」の原因はほとんどこれです。

知らず知らずに、我慢癖をつけています。


自分の心の声に耳を澄ましてください。
「今の気分はどう?」と問いかけてください。
ここで素直な心であれば、怒哀苦から派生した感情諸々が沸き上がってきます。

そこから、自分にどうしてあげたら自分が満足、安心、楽になるか?

「どうしたい?」と問いかけて、考えて、判断して、決断して、行動してほしいのです。

我慢癖は
自分に嘘をつくことになります。
自分を蔑ろにしています。
自分を冒涜しています。

自分をもっと大事にしてください。
自分に忠実であって欲しい!

人に忠実で自分に嘘をつくには、あきまへん!
これからの時代は特に・・・・

と、今日はここまで!

明日も潜在意識の機能3
「記憶の保存」の詳細を書かせて貰います!







過去の人間性を高め魂を磨くブログセミナー
1、人間性を高め魂を磨くブログセミナー はじめに

2、人間性を高め魂を磨くブログセミナー1
3、人間性を高め魂を磨くブログセミナー2




ご拝読、有難うございました!




ブログ情報提供元
JBH(日本ヒプノセラピー協会)
ヒプノセラピー・ベーシックコース~クラズナー・メソッド~
認定 初・中・上級プロコース
認定 初セラピストインストラクター テキストから
JBH(日本ヒプノセラピー協会)認定講師
http://hypnopotential.com/therapists/
 さとう まみよ



~~~ お知らせ ~~~
オフィス サトウ主催占術会開催




個)オフィス サトウ 代表さとう まみよ
実践心理学を学ぶなら実績あるオフィス サトウ
セミナー&ワークショップラインナップ中
https://ofisusatou.jimdofree.com/
《中小企業庁ミラサポ専門家派遣登録専門家》
リアルセッション希望の場合は↓
札幌市中央区北1西3(土日夜間除く)
アクセス:https://bit.ly/31GKDCf
TEL/FAX:011-664-1482 
連絡先携帯090-9513-9181  















 




読者の皆様のお役に立つ情報であれば幸いです。
「いいね」が私と読者がつながっているサインだと感じています。
厳しい中にも優しさを感じて頂ければ嬉しいです。さとう まみよ

 
 



関連リンク

JBPクレーム能力検定協会 オンラインで世界の日本人とつながります! 札幌でよく当たると好評の占い師 札幌で「この人はホンモノ!」と言われる人気の占い師をご紹介します。

SNSサイト

下記SNSでもよろしくお願いします

Twitter
Lineat
ページ上部へ戻る