Top > 魂を磨き天界につながるセミナー&セッション

人間性を高め魂を磨くブログセミナー5

読者の皆様、いつもこちらをお読みくださり有難うございます。
日々ご無事でお過ごしのことと存じます。


[人間性を高め魂を磨くブログセミナー]
受講料20万のセミナーの一部を、無料でブログセミナーしております。

このブログセミナーの目的は
TV、新聞、ユーチューブなどで流されている情報が全て正しいとは限らず
視点を変えて分析報道していたり
完璧都市伝説的な陰謀論だったり
科学者や専門家がエビデンス(科学的根拠)を添えて述べているもの
左翼的右翼的思考もあり、何が何だかよくわからない!ということになり
権威のある人、インパクトのある人になびいていくのが人ですので
そうならない心眼で選別できること
が目的です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「「左翼」、「右翼」、および「政治的スペクトル」を参照
「左翼 対 右翼」という構図は、範囲が広く、複雑な疑問への説明である。左翼と右翼は、通常は両端の対立勢力である。しかし実際には、個々の個人や政党が1つの事柄を行う立場としても「左」や「右」との用語が使われる。

伝統的には、左翼には進歩主義、社会自由主義、社会民主主義、社会主義、共産主義、アナキズムなどが含まれ[3][4][5][6] 、右翼には保守主義、反動主義、王党派、国家主義、ファシズムなどが含まれるが、西側諸国の勝利に終わった20世紀後半の冷戦終結を受けて、戦間期に存在した立憲君主制及び多党制民主主義体制に復帰する国が増えたソビエト連邦崩壊後の現在社会において、左翼(革新派)と右翼(保守派)の定義は曖昧となり、さらにはかつて鉄のカーテンによって封鎖されていたソビエト共産党体制の内実が明らかになるにつれ、社会主義及び共産主義運動の思想的再定義に直面した思想史研究者を中心として、冷戦時代には極右体制の代名詞として規定される事が多かったファシズム(全体主義)を、ムッソリーニなどに代表されるその思想的源流から客観的に考察するという側面から広義の左翼(極左)の一種であると再規定される事も多くなっている。[7] 。

「左」や「右」の用語は、単純な説明だけではなく、特定の視点でも使われる。現代の政治的な用法では、「左」は典型的には労働者への支援を主張し、「右」による上流階級の利益への支援を批判する。他方、「右」は典型的には個人主義(経済的な自由主義)への支持を主張し、「左」による集産主義への支援を批判する。

しかしこの用語を使用した論争は、何を「左」や「右」と呼ぶかという意味を離れて、しばしば感情的な偏見や先入観が発生し、論点を変えてしまっている[8] 。このため複数軸によるノーラン・チャートなどの政治的スペクトルの分析・分類も使用されている。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用

では、5日目
潜在意識の意識層と役割4

潜在意識はどんな経緯でインプットするかを
具体的に書きますね。


上記はわたくしが5000時間以上、セッションし、インタビューしたクライエントの
幼少期に父母、先生、級友に投げかけられた言葉で
思い込みが出来た内容ををパターン化したものです。

ここはやはりセミナーですよね~~

こまごましている表の説明は・・・・・・
いつか、お会いできたら例話を入れて判り易く説明致します。

次回はこの部分をもっと掘り下げます。



ブログ情報提供元
オフィス サトウ


過去の人間性を高め魂を磨くブログセミナー
1、人間性を高め魂を磨くブログセミナー はじめに
2、人間性を高め魂を磨くブログセミナー1
3、人間性を高め魂を磨くブログセミナー2
4、人間性を高め魂を磨くブログセミナー3
5、人間性を高め魂を磨くブログセミナー4




個)オフィス サトウ 
代表 さとう まみよ
潜在意識を熟知して頑張らず我慢せず
楽に自分を生きたいなら実績ある
オフィス サトウ
セミナー&ワークショップ
オンラインナップ中
https://ofisusatou.jimdofree.com/
《中小企業庁ミラサポ専門家派遣登録専門家》
TEL/FAX:011-664-1482 
連絡先携帯090-9513-9181



 















 




読者の皆様のお役に立つ情報であれば幸いです。
「いいね」が私と読者がつながっているサインだと感じています。
厳しい中にも優しさを感じて頂ければ嬉しいです。さとう まみよ

 
 



関連リンク

JBPクレーム能力検定協会 オンラインで世界の日本人とつながります! 札幌でよく当たると好評の占い師 札幌で「この人はホンモノ!」と言われる人気の占い師をご紹介します。

SNSサイト

下記SNSでもよろしくお願いします

Twitter
Lineat
ページ上部へ戻る