Top > 一般

スジコとイクラはどう違う?

  • 2016-09-21 (水) 13:06
  • 一般
スジコ(筋子)はサケ(鮭)やマス(鱒)の卵であるが、ではイクラは何の卵かといえば、やはり同じサケ、マスのそれである。

双方の違いは、スジコが未成熟卵を卵巣ごと塩漬けしたものであり、一方イクラは成熟した卵巣の卵膜を破り、一粒一粒バラバラにして塩漬けしたものを指す。

ところでスジコは日本語だが、イクラはロシア語である。

イクラは『魚の卵』という意味で、卵を一粒ずつバラしたものの総称である。

したがって、キャビア、すなわちチョウザメ(蝶鮫)の卵もロシア人に言わせるとイクラだ。  
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
「いいね!」や「+1」などのボタンを押していただけたら嬉しいです(^^♪

↓↓ 弊社インターネット通販はこちらです
47CLUB インターネット通販

↓↓ 弊社おすすめ商品はこちらです
北海道の海産物ギフト海鮮王 おすすめ商品

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

 
ブログ記事を見る

関連リンク

北海道の海産物 カイチ加藤水産株式会社 ホームページ 北海道の海産物ギフト海鮮王 おすすめ商品 47CLUB インターネット通販

SNSサイト

下記SNSでもよろしくお願いします

Instagram
ページ上部へ戻る