Top > 一般

猫に毎日、赤身魚を与えるとイエローファットに

  • 2017-02-14 (火) 12:51
  • 一般
猫は赤身魚が好きか、白身魚が好きかどちらでしょうか?

猫を飼っている人が与える『猫缶(キャットフードの缶詰)』はマグロを原料にしたものが多いです。

その他、カツオ、ピルチャード(ニシンの一種)などがあり、かなり赤身に片寄っています。

白身魚を原料にしたものは、魚種名は表示されていないものが多く、ただ単に白身魚となっていたり、中にはタイと表示されたものもあります。

猫が好むからといって家庭で赤身魚を料理して毎日与えていると、イエローファットという病気になります。

イエローファット(黄色脂肪腫)とは、栄養の偏りによって、お腹や胸などの脂肪が性質を変え、その部分に硬いしこりや炎症が生じる病気です。

マグロ、カツオ、アジ、サバ等の青魚に含まれる不飽和脂肪酸の過剰摂取が原因となって引き起こされると言われています。

餌の魚の脂が体内で酸化して酸化脂肪となるためで、市販の猫缶には酸化防止剤としてビタミンEなどが添加されています。

治療方としては、やはり赤身魚を与えるのを控えて、バランスの良い食事を与える事が一番です。

やはり猫も人間も偏食せず、バランスの良い食事を摂る事は健康でいるためには同じことなのです。  
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
「いいね!」や「+1」などのボタンを押していただけたら嬉しいです(^^♪

↓↓ 弊社インターネット通販はこちらです
47CLUB インターネット通販

↓↓ 弊社おすすめ商品はこちらです
北海道の海産物ギフト海鮮王 おすすめ商品

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

 
ブログ記事を見る

関連リンク

北海道の海産物 カイチ加藤水産株式会社 ホームページ 北海道の海産物ギフト海鮮王 おすすめ商品 47CLUB インターネット通販

SNSサイト

下記SNSでもよろしくお願いします

Instagram
ページ上部へ戻る