Top > 一般

今日は二十四節季の一つ『雨水(うすい)』

  • 2017-02-18 (土) 13:36
  • 一般
雨水とは、降る雪が雨へと変わり、氷が解け出す頃のこと。

昔からこの季節は農耕の準備を始める目安とされてきました。

まだまだ雪深い北海道には縁のない話ですが…(笑)

そんな北海道にも春はやって来ます。

暖かな日差しがゆっくりと山の雪を溶かし、解け出した雪解けの水が田畑や動植物、そして私達をうるおしてくれます。

そんな雪解けの水のことを『雪汁(ゆきしる)』と呼びます。

またの名を『雪消(ゆきげ)の水』。

雪汁の量が日ごとに増え、時に出水を伴うほどの奔流になります。

これを『雪代(ゆきしろ)』といいます。

そして雪汁が流れ込むと川や海が濁ります。

これを『雪濁り(ゆきにごり)』といいます。

今週は春の陽気だった前半と今日のような真冬日と、まだまだ春は先のようですが、雪汁が流れだす頃にはもうほとんど街中には雪は無いでしょう。

春はもうすぐです!

…と自分を励ましつつ、これから駐車場のグヂャグヂャになった雪を取り除いて来ます(涙)。・゜゜(ノД`)  
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
「いいね!」や「+1」などのボタンを押していただけたら嬉しいです(^^♪

↓↓ 弊社インターネット通販はこちらです
47CLUB インターネット通販

↓↓ 弊社おすすめ商品はこちらです
北海道の海産物ギフト海鮮王 おすすめ商品

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

 
ブログ記事を見る

関連リンク

北海道の海産物 カイチ加藤水産株式会社 ホームページ 北海道の海産物ギフト海鮮王 おすすめ商品 47CLUB インターネット通販

SNSサイト

下記SNSでもよろしくお願いします

Instagram
ページ上部へ戻る