Top > 一般

神社は他の宗教と何が違うの?

  • 2017-12-11 (月) 14:05
  • 一般
 日本に生まれ育った人ならば、誰しも一度は神社に行った経験があるのではないでしょうか。

 日本独自の宗教である神道(しんとう)は他の宗教とはどのようなところが違うのでしょうか。

 一般的に宗教は、仏教やキリスト教などの『〇〇教』という呼称になります。

 仏教なら釈迦の教えをまとめた『仏典』、キリスト教なら旧約と新約の二つの『聖書』という教典があります。

 それぞれには、人が行うべき教えや、守らなくてはならない戒律があります。

 しかし、神道にはそもそも教えや戒律が無く、教典もありません。

 それならば『神道』という言葉はどのような意味なのでしょうか。

 『神道』という熟語は、中国発祥で、「霊妙なる(神の)自然の理法(道)」という意味です。

 自然と共に、その一部として暮らした古代の日本人たちの信仰と合致したために、後世に『神道』という言葉が名称として用いられたのだと考えられています。

 こう考えると『神道』は、『宗教』というよりは『信仰』という意味合いで捕らえた方がしっくりくるのではないでしょうか。

 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
「いいね!」や「+1」などのボタンを押していただけたら嬉しいです(^^♪

↓↓ 弊社インターネット通販はこちらです
47CLUB インターネット通販

↓↓ 弊社おすすめ商品はこちらです
北海道の海産物ギフト海鮮王 おすすめ商品

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

 
ブログ記事を見る

関連リンク

北海道の海産物 カイチ加藤水産株式会社 ホームページ 北海道の海産物ギフト海鮮王 おすすめ商品 47CLUB インターネット通販

SNSサイト

下記SNSでもよろしくお願いします

Instagram
ページ上部へ戻る