Top > 家づくり

暮らしから発想する家づくり その2

前回から読む方はコチラ

どうすれば暮らしから発想する家づくりが可能なのでしょうか?

完成した一日のスケジュールを見て、
「もっとこうだったらいいのにな?」
「ほんとはこんなことをやりたいんだけどな?」
のように、自分が思う理想の一日を想像してみてください。

そして、今まで作ってきた一日のスケジュールの下に、
理想のスケジュールを書き込んでください。

例えば、
「今は7:30に起きているけど、遅くとも7:00には起きたい」
「朝ご飯は家族全員で食べたい」
「通勤時間は30分以内に収めたい」
「家事は午前中に終わらせて、午後は資格取得の勉強にあてたい」
「会社から帰ってきた後は、趣味の時間を最低一時間はとりたい」
「毎日、子どもとお風呂に入りたい」
どんなものでも構いません。
実現したいけど、今は実現できていないことを中心にドンドン書いていきましょう。

そうすると、現実と理想のギャップが見えてきますね。
次は、このギャップを埋めるためには何が必要なのか?という観点で考えていきます。

ただ、考える際に注意しなくてはならないのは、
何でもモノで解決しようとしないことです。

とは言っても、どう考えたらいいのかわからないですよね。
次回は、そのコツをお伝えします。

次回へ続く
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る