Top > 家づくり

永遠のテーマ? 転勤と持ち家 その1

どこに住むか?誰と住むか?そして、どんな住まいに住むか?
この3つが「暮らし」を決めることになります。

今日は、「どこに住むか?」「誰と住むか?」が左右される非常に大きな問題。
「転勤と持ち家」についてお伝えしたいと思います。

転勤に直面すると、問題になるのが「持ち家」です。
せっかく購入した家、売るの?貸すの?どうするの?
たとえ売ると決めても、売れるかどうかは別問題ですよね。

転勤のことが気になって、家を買うのは・・・と思う方も多いと思います。
そんな方には「暮らし」だけでなく「資産」として住宅を考えていただけたらと思います。

「暮らし」と「資産」は大事にしたいところが真逆の関係にあります。

というのも、
「暮らし」というのは、自分たち家族だけの「価値」です。
他の人に良さをわかってもらう必要はありません。
あくまでも自分たちが「良い」と思う暮らしが必要です。

「資産」というのは、他の人に良さをわかってもらうことが「価値」に直結します。


「資産」という価値が高い住まいを選ぶことで、
転勤にも対応しやすい住まいを手に入れることができます。

では、どうすれば、そのような暮らしが手に入るのでしょうか?
次回はその方法、考え方についてお伝えします。

つづきはコチラ
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る