Top > 家づくり

永遠のテーマ? 転勤と持ち家 その3

前回から読む方はコチラから

転勤に備えて、資産価値を考えた住まいを選ぶ。
非常に賢い選択ですよね。
しかし、「資産」だけを考えて、「暮らし」を置き去りにしてしまっていいのでしょうか?

答えは「NO」です。
「資産」と「暮らし」の共存が必要になります。

そこでオススメしたいのが「リノベーション」です。

リノベーションって何?と思われる方も多いと思うのですが、
簡単に説明すると、「暮らし方を軸に考えた大規模リフォーム」のことです。

例えば、資産価値も考えて購入を検討している物件は4LDK。
でも、そんなに部屋数はいらないし、もっと広いリビングが欲しい。
そんな要望があるときは、リノベーションがオススメです。
間取りだって変えることもできるんです。

もちろん、建物によって様々な制約はありますが、
注文住宅と同じような感覚で、家づくりを楽しむことができます。

しかも、もともと使える部分は残すので、費用も抑えやすいですよね。

「中古物件+リノベーション」で、資産と暮らしの両方を叶えることができます。
しかし、このリノベーション。万能ではありません。

次回は、リノベーションするにあたっての、注意点をお伝えします。

つづきはコチラ
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る