Top > 家づくり

後悔しない家づくりのために その3

前回から読む方はコチラから

後悔しない家づくりのために大切なのは、その家に住んでどうなりたいのかという、
「したい暮らし」を考えることである、というお話をいたしましたが、
今回は、その考え方についてご説明いたします。

現在、住んでいる家でストレスに感じていることはありませんか?
部屋が狭い、収納が少ない、寒いor暑い、掃除がしづらい、子どもがのびのび遊べない・・・。
きっとこのような不満があるのではないでしょうか。

では、それをふまえて、今度は理想的な状態を考えてみましょう。

例えば、間取りのことについて考えるのであれば、
広さや向きだけでなく、家具の配置まで考えてみます。
これで、窓の位置やドアの位置が変わってくるかもしれませんし、
パソコンやAV機器を置く場所には、複数のコンセントが必要にもなってきます。

また、掃除しているところを想像してみて、効率的にできる部屋の配置を考えたり、
家に帰ってきたとき、食材や日用品をしまう場所や、
子どもの様子を見ながら料理・洗濯をして、乾いた洗濯物をしまうなどの家事動線。
来客のときに目隠しできるものも必要かもしれません。
どこにどんな部屋があって、どこに収納があれば良いでしょうか。
リビング、ダイニング、キッチンの配置はどうするのが理想でしょうか。

他にも、土地のことであれば、
金額や広さ、利便性だけでなく、季節や昼夜の環境変化を考える。
平日と休日の違いを考える。防犯、防災を考える。
などが大事なことです。

注文住宅ですから、ご自身の「したい暮らし」に家を合わせればよいのです。
とはいえ、家づくりに対して予備知識がないうちに、
ベストな間取りや設備を考えるのは難しいですよね。
本当にこれが正解なのか? 他にも何か見落としがあるんじゃないか、と心配になります。

でも、正解を導き出せなくても良いのです。
「えっ、どういうこと?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、
なぜ大丈夫なのかについては、次回お話しすることにいたしましょう。

つづきはコチラから
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る