Top > 一般

リフォームとリノベーションの違い

  • 2012-09-22 (土) 18:29
  • 一般
「リフォームとリノベーションって何が違うの?」
というような話をよく聞かれるので、私なりの解釈をまとめます。

双方に共通しているのは、
「古い家を手直しする = 修繕する」ということですが、
私は、その修繕に至るアプローチが、
ハード面からのアプローチだと、リフォーム。
ソフト面からのアプローとだと、リノベーション。
というように解釈しています。

ちょっと難しいですかね?
ハードは「モノ」、ソフトは「暮らし」と言い換えるとわかりやすくなります。

例をあげると、
「キッチンが古くなったから、新しいキッチンを入れ替える」
これは単純に、キッチンという「ハード=モノ」を交換するという意味合いなので、
リフォームに位置づけられます。

「子どもが独立して、4人家族から夫婦だけの生活になった」
これは4人で暮らしていた空間を、夫婦2人で住みやすい空間、
つまりは「ソフト=暮らし」を変えるという意味合いなので、
リノベーションと考えられます。

結果的に、ソフト面を変えようとすると、間取り変更など大規模修繕になる場合が多いので、
大規模修繕のことをリノベーションと呼ぶケースもありますが、
修繕する目的で見極めればいいのではないでしょうか?

実際に修繕を行う際には、当初の目的を見失わないためにも、
リフォームなのか、リノベーションなのかをハッキリさせておくことをオススメします。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

関連したこちらの記事もご覧下さい

ページ上部へ戻る