Top > 家とお金

「リスクがないから賃貸」は大間違い!? その2

前回から読む方はコチラから

賃貸で居続けることのリスクとはなんでしょうか?
賃貸における、メリット・デメリットを整理したいと思います。

■賃貸のメリット
【身軽さ】引越しに対するハードルが低い
【費用の明確さ】不動産を取得、維持する税金等がかからない
大きくはこの2点が挙げられます。

家賃の支払いが厳しくなれば、家賃の低い家への転居が容易ですし、
何よりもかかる費用の総額が単純明快です。
契約更新時に別途費用がかかることはありますが、基本は「家賃+管理費」だけで事足ります。

■賃貸のデメリット
【設備の不充実】設備、仕様がチープなことが多い。光熱費が割高
【資産にはならない】どんなに家賃を払っていても、建物が自分の物になることはない
こちらは、この2点が大きいのではないでしょうか?

ここで、考えていただきたいのは、
ずっと賃貸に住み続けるという場合のリスクです。

家賃は一生払い続けなければなりません。
たとえ、年金暮らしになってもそれは変わりません。

住宅ローンを背負わないからリスクが無い。という考えも一つありますが、
資産が無い。という側面からみると、非常にリスクが高いとも言えます。


大事なことは、
それぞれのメリット、デメリットを知り、
自分には賃貸と持ち家、どちらが合っているかを考えることだと思います。

それを考えた結果、「いつ」「何を」選択するか?という
自分の人生におけるライフプランを作り上げていくことがとても大事なんですね。

決して、安易に住宅ローンを組むことをオススメしているわけではありませんが、
今まで、賃貸しか選択肢が無いと思っていた方も、これを機に選択肢の幅を広げてみてはどうでしょうか?
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る