Top > 家づくり

情報よりも大事なもの その3

前回から読む方はコチラから

知識を養うためには、情報をどこから仕入れるのか?
ということが非常に大事になってきます。

では、どのように情報を収集すればよいのでしょうか?

私は「信頼できる第三者」からの情報収集を勧めています。

第三者といっても、いろいろあります。
家を建てた経験のある友人や家族もそうですし、クチコミサイトもそうかも知れません。

しかし、「信頼できる」となるとどうでしょうか?
まず、クチコミサイトのような発信者が誰なのかわからない情報は信頼には値しませんね。

そして、友人や家族は信頼できる存在ですが、あくまでも素人の意見。
信頼できる人間関係ですが、好みや優先順位のポイントが自分と全く同じとは考えにくいです。
特に両親からの情報は、その情報自体が時代遅れなことも考えられます。

では、一体どうしたらよいのでしょうか?
私は「第三者の専門家」に頼ることをオススメしています。

というのも、住宅には「絶対的な正解」というものがありません。
価値観は十人十色。
それと同じように、求める住宅の理想像も人それぞれ違ってきます。

思い描く理想の暮らしを大事にしながら、自分の家づくりを考え抜く。
着実に一歩ずつ歩んで、積み重ねていくものだと思っています。


適切な判断を下すためにも、客観的な意見を持つ、第三者の専門家から
自分に必要な情報を「知識」として提供してもらうことをオススメしています。

医者で言うところの「セカンドオピニオン」のようなものと考えてもらってもよいですし、
検索ワードを打ち込まなくても欲しい情報が閲覧できる「検索エンジン」と考えてもいいと思います。


納得のいく家づくりのためにも「第三者の専門家」を、まずは試してみてはどうでしょう?
もちろん、その専門家が信頼に値するかどうかは、あなたの目で確かめてみる必要がありますが。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る