Top > 家づくり

「注文住宅は高い」というのはイメージ!? その1

「予算があまりないから、注文住宅は厳しい。」
家づくりに関する相談を受けていると、このようにお話しされる方、結構多いです。

しかし、それは事実でしょうか?
いえ。イメージでしかありません。

確かに世間で言うところの「豪邸」は注文住宅であることが多いです。
しかし、その豪邸だけが、注文住宅ではありません。

注文住宅のいいところは「自分にあった住まい」を実現できることです。

例えば、一般的な住宅のサイズが34坪だとします。
収納に課題があり、たっぷりとした収納スペースを用意するのであれば、
34坪では足りなくなる可能性が高いです。
そうなると、必要となる広さが増えて、それに伴い価格も上昇していきます。

しかし、その逆のパターンはどうでしょうか?
収納に課題が無く、家族の持ち物をしっかり把握できている方であれば、
一般的に必要とされている広さ、34坪よりも小さな家で十分ですね。
小さいと言っても、十分に広い居住空間を確保した上でのコストカットが実現します。

それだけではありません。
一点豪華主義。つまり、ここぞというポイントには予算を思い切って使いたいけど、
その他は極力抑えたい。という方も注文住宅はぴったり。

リビングの床は無垢材がいい。でも、リビング以外はこだわりがない。
キッチンの設備はこだわりたい。でも、トイレやお風呂にはオプションは不要。

大きなこだわりから、小さなこだわりまで叶えてくれるのが注文住宅です。
とはいっても、全てのハウスビルダーで実現できるわけではないのが難しいところです。

次回は、なぜハウスビルダーによって対応が違うのか解説します。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る