Top > 家づくり

安心感について考える その1

●まやかしの「安心感」ではありませんか?

人間は「自分が知っているもの」に対しては安心感、親近感を持つものです。

たとえば、自分の子どもが学校のお友達の家に遊びに行くことになったときに、
その子や、その子のママが知らない人だと、ちょっと不安になりませんか?
相手が知っているお友達だったり、その子のママとも交流があったりすると少し安心します。

同じように、ママ友とランチをするときに、お店選びを任されたとします。
あなたはあまり外食をしないのでお店のことをよく知りません。
そんなときに選ぶのは、
・みんなが知っている有名な店
・テレビや雑誌で紹介されていた店
・ネットの口コミ見た「おいしい」と評判の店
などになるのではないでしょうか。
あなたはこういう「知っている」お店に対してちょっとした安心感を持っているからです。

でも、その根拠は非常にあいまいですよね。
実際にそのお店に行ったことも食べたこともないのですから、
「知っている」ようで、実は「知らない」んです。

何かを決めるときには誰でも不安になるものですよね。
その不安の原因はたいてい「知らない」ことにあります。

家づくりにおいてもそれは同じこと。
ほとんどの方は、自分の家を建てようとするまで、
工法・構造などの基礎的な知識や、建築会社による違いなどを知りません。
誰でもそこからスタートします。当然、不安もたくさんありますよね。

その不安を充分に払しょくしないまま建ててしまうと、
「後悔」につながってしまうこともあります。
できるだけ根拠が明確な「安心」を得ることが重要なんですね。

では次に「安心を得るためにどうしたらいいのか」についてお話ししましょう。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る