Top > 家づくり

安い土地にはワケがある?

続きから読む方はコチラから


「このエリアで、より安い土地を買いたい」と探していて、
理想的な価格の土地が見つかったとしても、
それだけで飛びついてしまうのは危険です。

確かに、普段ならその価格で出ないようなエリアで安い土地があったら、
掘り出し物と思って、誰かに買われる前にすぐ契約してしまいたくなるでしょう。

しかし、相場よりも安い土地というものには、安いなりの理由があったりするのです。
その理由を確認せずに購入し、家を建てる際に制限があることに気づく、ということもあります。
そうなると、理想の家を建てるためには、結果的に高くついてしまうケースもあるんですね。

まず、わかりやすいところでは、土地の形状が特殊だったり、面積が狭いなどという理由があります。
そのため、建てたい広さや間取りの家が建てられない、ということになります。
さらに北海道では、前面道路の状況や道路に面している敷地の広さなどを考えておかないと、
雪捨てをするスペースがないとか、除雪車が入れない場所だったりというトラブルもあります。

また、土地の周りに背の高い建物がある場合は、
日照時間が少なかったり、他の建物の住人から庭や家の中が丸見えになるというデメリットも考えられます。

細かいところとしては、街灯が少なくないか、
ゴミ捨て場の管理はきちんとされているか、などもチェックすると良いですね。

家を建てるときに、あまり予算をかけられない場合は「より安く」ということで探しがちですが、
このような落とし穴もある、ということを頭に入れておきましょう。

ただし、特にデメリットがなく相場よりも低い価格で売りに出されている土地もあります。
相続などで売主が土地を受け継いだりした場合、早めに処分したいなどという理由から、
若干安めに売りに出す、ということもあるからです。
こういう土地を見つけたらラッキーですね。

どのような土地を買うにせよ、
その土地のメリット、デメリットをきちんと理解してから購入する、ということが大切です。

次回は「土地よりも先にビルダーを決めるという提案」についてお話しします。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る