Top > 家とお金

住宅ローン控除で、納めた税金を取り戻す

住宅ローンを利用して家を建てた場合、
一定条件を満たすことで、所得税に対して住宅ローン控除の適用を受けられることは、
みなさんすでにご存知かと思います。

控除を受けることで、納めた分の税金がいくらか戻ってくる、というわけですね。

現在の制度としては、一般住宅を建てて、
平成26年4月~平成29年12月の間に居住を始めている場合、
控除期間は10年間、控除率は年末のローン残高×1.0%となります。

また、対象ローンの限度額は4,000万円と定められています。
4,000万円の1.0%ですから、控除の年間上限額は40万円ですね。

つまり、家を建ててから10年間は毎年、最高で40万円還付される、ということになります。
10年間の合計最高控除額は400万円。これは大きいですよね。

もちろん、還付金は納めた税金が戻ってくるだけですから、
その年に納めた所得税が30万円しかないのであれば、
還付金の上限は年30万円になります。

また、所得税から控除しきれなかった金額の一部は
住民税からも控除するといった措置もあります。

税金の還付を受けようとする場合は、確定申告が必要です。
会社員の場合、ほとんどの方が勤務先に書類を提出し、年末調整をしてもらうので、
自分で毎年、確定申告をするは面倒、と思われるかもしれません。

でも、自分で行う確定申告は最初の1年目だけでOK。
2年目以降は、税務署から届く書類への記入、および金融機関の残高証明書の準備をして、
勤務先に提出をすれば、今までと同じように勤務先の年末調整で
住宅ローン控除の申請もしてもらえるでしょう。

このように、家を建てる方を応援する制度というものがあり、
きちんと理解をしていないと損をすることもありますので、ご注意ください。

ではもう一つ、家を建てた方に現金が給付される、
「すまい給付金」についてもお伝えしておこうと思います。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る