Top > 家づくり

大容量クローゼットは本当に必要?

ほとんどの人が理想とするのは、物が少ない、すっきりとした部屋です。

いま目の前にある、テイストの揃っていない収納家具を処分できたり、
生活スペース以外の、見えないところに収まったらと考えると気持ちがいいですよね。

家を建てるなら、新居に大容量のクローゼットをプランしてほしいと要望する前に
皆さんにやってもらいたいことがあります。

それは、普段あまり使わない押入れや棚、物入れの奥に入っているものを全部出して、
その物たちを新居に持っていきたいかどうか判断すること。

そしてトータルでどのくらいの収納スペースがあれば、
家の物が収まるのか考えることです。

収納スペースも家の面積の一部ですから、
むやみに広くとってしまうと、居住スペースが狭くなります。
また、収納スペースに余裕があると何か詰めたくなってしまうもの。
溜め込みぐせのある方こそ、広い収納スペースは要注意なのです。

実は新居に持っていくほどでもないものが、奥に眠っているというのはよくあることです。
以前の引越しのときに持ってきたダンボール箱が、
開けられていないまま見つかるという話も珍しくありません。

ついつい面倒に感じてしまうかもしれませんが、
今のうちに整理や処分ができれば引越しの費用も手間も軽減できますよ。

ためしに押入れの物を全部出してみましょう。
想像以上にたくさんの物が入っていたんだと気づきます。
同時に、これぐらいの量がこのスペースに入るんだ、とわかるはず。
新居に収納スペースをプランするときの目安にもなるでしょう。

もしかしたら収納部分を減らした結果、書斎や手芸部屋など
趣味のためのスペースを作れるかもしれませんし、
クローゼットの中にアイロンがけや服をたたむための台を設えるという案もあります。
これも、あらかじめ必要な収納の広さがわかっているから考えられることです。

せっかくの新居での暮らしです。
本当に自分のお気に入りの物だけに囲まれる生活をしたいものですね。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る