Top > 家づくり

花粉症でお悩みの方の家づくり

いまは、シラカバ花粉の飛散時期だそうです。
北海道でも花粉症でお悩みの方は多いですよね。
花粉だけではなく、同時にハウスダストでアレルギー症状が出てしまう方もいます。

花粉やハウスダストでアレルギー症状が出やすい方は、
家づくりの際に対策しておくと楽になるかもしれません。

花粉が飛散する時期は、まず花粉を家に持ち込まないことが重要です。
玄関前に風除室を設けると、玄関の中に入る花粉の量は少なくなります。
さらに、玄関からリビングの間も扉を作ることで、
リビングへの花粉の侵入を防ぐことができますね。

また、洗濯物を外に干すと花粉がついてしまいますので、
室内の洗濯乾燥室を利用するなど、極力、外に干さないほうが良いでしょう。

「やっぱりお布団は天日干しがいい!」という方は、
陽がさんさんと差すインナーバルコニーを設けると、太陽光に当てることもでき、
夜になって布団がある程度冷えるまで干しておくこともできるので、ダニの繁殖も防げます。

スペース的に室内干しが難しい場合は、
使用しないときには上にあげておけるポールなどを設置すると
普段の生活でも邪魔になりにくいでしょう。

しかし、もっとも効果的なのは、
毎日の掃除で花粉やハウスダストを除去するよう心がけることです。
家の中に溜まるほこりの中には、花粉やダニの死がい、カビの胞子など、
アレルゲンとなる物質が溜まっています。

カーペットやラグの使用はなるべく避け、床はフローリングにして、
モップやフローリングワイパーでマメにほこりを取れるようにしておいたほうがいいですね。
もし、ラグを使用する場合は、自宅で洗濯しやすいものを選んでください。

家具や家電の裏にもほこりが溜まりやすく、掃除がしづらい箇所となるため、
ほこりがずっとその場所に留まってしまいます。
予防するためには、扉付き壁面収納などを造りつけて、
ほこりが入らないようにすると掃除も楽です。

棚の上に雑貨などを飾ると、どうしてもほこりが溜まりやすく、
また掃除するときにいちいちよけるのが面倒なため、
ガラス戸のついた棚に入れて飾るなどがおすすめです。
気づいたときに、ハンディモップなどでさっと拭けるような環境を整えておきましょう。

その他にも、ハウスダスト対策がされている壁紙やカーペット、
ファブリック類などもあります。花粉が入りづらい網戸などもありますね。
家づくりの際には、こういった点も考慮しておくと、
より住みやすいマイホームになるのではないでしょうか。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る