Top > 家づくり

思いがけない失敗!窓にまつわるエトセトラ

現在住んでいる家が、
「暗くてじめじめしている」「陽の光が入りにくい」と考えている方は、
家づくりの際に「とにかく明るい家を!」と、たくさん窓をつけた家を建ててしまうことがよくあります。

しかし、思ってもみない部分で不都合が生じる場合もありますので、
そういったことも考慮に入れてプランを考えましょう。


●暑さと寒さ
窓をつけたことによる失敗としては、思ったよりも暑い、思ったよりも寒いというものがあります。

たとえば、南向きの部屋に窓をつけたら、夏は暑すぎて部屋にいられなくなってしまったとか、
吹き抜けに大きな窓をつけて冬を迎えたら、窓で冷やされた空気が壁を伝って足元まで下がり、
室温は低くないのに冷えを感じる、などという場合があるのです。

最近の家は断熱性能が高いのですが、どうしても窓は温度が逃げやすい部分。
窓のサイズ、つける方角、窓自体の断熱性能のことを考えておかないと、
あとからこういった失敗に気がついてしまうのです。

また、断熱性能の高い窓は価格もそれなりに高いので、見栄えと実用性の面を考慮して、
窓のサイズと数を検討していきましょう。


●出費がかさむ
もちろん、窓を多くつけようとするとそれだけ費用がかかります。
そのことは頭に入っていたとしても、カーテンにかかる費用のことは忘れている方が多いですね。

ほとんどの方は、家づくりの後半、実際に住むための家具や物などをそろえる段階でこのことに気がつきます。
もちろん、カーテンはピンからキリまであるので、価格を抑えればつけられないこともないでしょう。
しかし、今後のローンの支払いもあるし節約していかないと…、と考えている時期に
予定外のこの出費はかなり痛いはずです。

窓を多くしたい方は、間取りを決める段階でカーテン代のことも頭の片隅にでも置いておくとよいでしょう。


●風通し
窓は、太陽の光を取り込むためだけにあるのではありません。風を通すという目的もあります。
フィックス窓(開閉しない窓)にした場合、見ためはスタイリッシュですが、
開けることができないので空気の入れ替えには利用できません。

開閉できる窓を多く設置したとしても、窓の配置が良くないと風が通り抜けにくく、
空気がこもりがちの家になってしまいます。
子ども部屋や主寝室などの小さ目の居室に、窓を一面にしかつけない場合も風通しが悪くなるので、
廊下にも窓をつけて、居室のドアを開ければ風が抜けるなどの工夫をすることが必要でしょう。

家づくりをするときには、このように日当たりだけでなく、
風の通り道も考慮して位置や数を決めるといいですね。


今回は、窓にまつわる失敗例をまとめてみました。
みなさんの家づくりの参考になれば幸いです。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る