Top > 家づくり

建てるメリット、デメリット

「いずれは家を持ちたいです。期限は特に決めてはいないのですが…」
「私はマイホームに憧れているけれど、主人が乗り気ではなくって…」
などという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、持ち家になるとメリットもある反面、大きな額の買い物になりますから不安に思うこともありますよね。
とはいっても、いつまでも引き延ばした結果、家の建てどきを逃してしまうことも考えられますので、
家を持つことのメリット・デメリットについて理解したうえで、賢い選択をしていただければと思います。


まず、家を持つことのメリットは、やはり家が自分の所有物になるということ。

賃貸住宅だと、住み続ける限り所有者に家賃を支払います。
持ち家だと家賃の代わりにローンを支払うことになりますが、
支払いが終わってしまえば、もう払わなくてもよくなります。

家を持つことのデメリットは、
何千万円という大きな借金をしなければならないことと、転居がしにくくなるという点ですね。

正直、住宅ローンを支払っている間は、このデメリット面ばかりが目立つかもしれません。
家賃と同じように月々のローンの支払いはありますし、固定資産税や修繕費の積み立てなど、
賃貸のときにはない費用もかかります。

また、家を買った後にご主人の転勤が決まり、単身赴任となると家族が離れ離れに暮らすことになってしまいます。
こういった理由から家を持つことを躊躇している方もいるでしょう。


しかし、ローンを支払ってしまった後は毎月の支払はゼロになりますし、
特にリタイヤ後の年金生活になると、家賃がかからないというメリットはとても大きなものになります。

若い頃からしっかりと計画を立てて貯蓄に励んでいればまだ余裕はあるかもしれませんが、
年金暮らしになると、ほとんどの方は現役時代と同じ生活水準で暮らすのは難しくなります。

生活にかかるお金を抑えるために、もっと家賃の安いところを探して転居すると、
利便性がよくなかったり、狭かったり、古かったりするので、今までと同じような住みやすさは望めないでしょう。

収入に合わせて生活水準を変えるのは当たり前、と考えている方なら大丈夫ですが、
そうではない方なら辛い思いをするかもしれません。


家を持つ、持たないという判断は、目先の家計の心配や漠然とした不安だけで下してよいものではありません。

もちろん
「一か所に縛られたくない」
「子どもが巣立ったら田舎に夫婦だけ住める小さな家を建てたい」
「定年したら海外移住を考えている」
などというご家族のビジョンがしっかりある場合は、今はあえて家を持たない、という選択肢もあります。
(当然、その分の費用を今から積み立てておく必要がありますが)


自分たちが将来どうなっていたいか、具体的に何に不安を感じていて、
それを解消する術はないのかを考えてから判断すべきでしょう。

定年間近になって「やっぱりあのとき建ててたらよかったなあ」などと後悔することのないよう、
いま一度、ご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。

次回は「家の建てどき」についてお話ししたいと思います。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページはコチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る