Top > 家づくり

家の建てどき

前回は「建てるメリット・デメリット」についてお話ししましたね。
さて、今回のテーマは「家の建てどき」です。


食べ物には「賞味期限」というものがあります。
これは、食べ物をおいしく食べられる期間のことを指しますが、
実は家を建てる、戸建て住宅に住むことにも賞味期限があります。

つまり、戸建て住宅のメリットを最大限享受するためには、
建て時の見極めが重要ということですね。

ズバリ、戸建て住宅に住んで一番おいしい時期は、子育て期間です。
特に、子どもが乳児?高校生の間が最もメリットが感じられるでしょう。

例えば「音」のこと。
子育て中は、子どもの泣き声や大声、家の中を走り回ったり、ソファから飛び降りたりと、
子どもが何かと大きな音を立てることが多くなります。

隣の部屋や階下の住人から苦情を言われるんじゃないかと、
ハラハラしているママもたくさんいるのではないでしょうか。

元気にのびのびと遊ぶのはいいことなのに、
叱らないといけないのはつらいと感じることもあるかと思います。
その点、戸建て住宅なら、音の心配はかなり軽減されます。

さらに、子どもが小さいうちにマイホームを建てると、
学校に通っている間に引っ越す可能性も低いですから、
長く付き合える友人を友人を作ることができます。

部活動なども一つの学校で頑張り続けることができますし、
転校などの環境の変化によるストレスもなくなるでしょう。

そして、小さい頃から住んでいるわが家が、
思い出のいっぱいつまった「帰るべき家」となるのは大事なことです。

家族がコミュニケーションをとりやすい家をつくり、
家族みんなで一緒に過ごし、思い出をつくることで家族の絆がぐっと深まります。

たとえ子どもたちが成人して家から出ていったとしても、
今度は孫を連れて帰ってくるでしょう。

そのときに「やっぱり実家は一番落ち着くわ?」となるためには、
長い期間、子ども時代からその家に住んでいる必要があるわけです。

このような面から考えても、子どもが大きくなってから家を建てることは、
メリットをあまり感じることができないかもしれません。

自分たちが家に対して何を求めているか、
どんな暮らしがしていきたいかを考えて、
いつ建てるかについて考えてみると良いのではないでしょうか。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

Facebookページは
コチラから
---------------------------------------------------------------------------
 北海道で注文住宅を建てるなら、ユニークリビングへ相談を
---------------------------------------------------------------------------

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

ページ上部へ戻る