Top > 一般

催眠療法(ヒプノセラピー)の改善力  恨み・怨み・憾みを手放す

  • 2018-01-14 (日) 09:13
  • 一般
2011年から今日まで2500人程、5000時間セッションしてきた私の臨床例です。

催眠療法・ヒプノセラピーとは???
ここをクリックしてください。

ケース8  恨み・怨み・憾みを手放す



「ヒトは喜怒哀楽を体験しそこから愛と感謝を学ぶために降りてきたのよ」
と私はいつもクライエントに伝えています。

喜楽だけではヒトは成長しません。
怒哀だけでも同様です。
なのでこの体験はバランスよく体験する必要があると思っています。


今日のテーマ:恨み・怨み・憾みは
怒りの究極な感情ですね。

自分の怒りを観察し
その怒りはどこからきているか?何故自分が怒っているか?
と、自分を素直に客観視すると
その怒りは自分から発しています。
自分が抵抗しています。
その抵抗を手放すと怒りは「楽」に変わります。

「人の精にする」ことを手放すとよくわかります。

怒りは自分の中で作り上げています。
でも、それがわからない方は
周りの人、事の精にしています。

恨み・怨み・憾みはこの究極です。

恨み・怨み・憾みをいつまでも持っていると
マイナス思考が常習的に始まります。
ヒトの優しさが見えなくなり感じなくなります
トゲトゲしい性格を誘引します
人格が崩壊します
修羅になっていきます

なので
恨み・怨み・憾みは手放さなくてはいけません!
強く言います!
恨み・怨み・憾みは手放さなくてはいけません!


私のクライエントのケース



ある事情があり
クライエントの父が父の義弟から虐めを受け辱めを受け
クライエント家族は屈辱を受けて30数年いきていました。

私のクライエントは
その叔父が勿論、嫌いで、顔を見たくない、吐き気もする程の
嫌悪感を持っていました。
しまいにはその叔父がフラッシュバックのようになって眠ることもままならず
来談しました。

このかたは催眠が初めてです。
最初はお決まりのコース、深いリラクゼーションを体感します。
次に安心安全、穏やかな場所に移動します。
(この場合、このクライエントは無事お花畑で安らぐことができたのですが
自己肯定感の低い場合は安心安全、穏やかな場所がない!いけないかたもいます)

で、いよいよメインコース、自分が辛かったこと、苦しかったこと、悲しかったシーンへ移動します。
ここで、叔父に触れるきっかけのシーンに移動します。
詳細はここでは書けませんが
叔父が何故、父にいじめをしたか?はずかしい思うをさせたか、無視したか?
が、クライエントが知り得ることができました。

叔父の言葉でその理由が述べられ
叔父の本心を知り
叔父の未熟さがわかり
叔父がそうした深層心理も理解できたようです。

クライエントは五感を通して叔父を感じ、叔父の言葉が心に伝わり
叔父を許すことが出来たようです。

叔父に謝罪して貰い、和解の握手をしクライエントは納得していたようです。

要は魂と魂が触れた瞬間です。
ワンネスですよ。

おじさんの魂は次元が違えど、今傍にいますので・・・・

叔父さんも今は安らかに天井に居ます。
クライエントは叔父が学びの教材!
父もそれに屈することなくそれどころか義弟をがばってきた
父の寛大さと人間としての大きさを実感し
大いなる父を更に尊敬でき、父も学びの教材である!
と実感したことでしょう。


素晴らしい!

この場にいてこの瞬間を共有できたことは
セラピスト冥利に付きますよ。
感謝です。


30数年間、抱え込んで苦しんでいた「恨み・怨み・憾み」が
1時間半の催眠療法で感情思考のリセットが出来るのですよ・・・・

素晴らしいでしょ。





人を恨んではいけません。

あなたが鬼になっていきますから・・・

手放しましょう!!!





人はいつでもリセットできます。
それはあなた決めたら出来ます。
ヒプノセラピスト さとう まみよ
HP http://www.shopnet.ne.jp/shop/heartful-lifu/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

詳細は
https://www.shopnet.ne.jp/shop/heartful-lifu/index.php?itemid=6132

◆4月からいよいよ「学びの森カフェ」開催
その説明会を致します。


詳細は
https://www.shopnet.ne.jp/shop/heartful-lifu/index.php?itemid=6089


 
 
 
★最後までお読みいただき、ありがとうございます。
「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

ページ上部へ戻る