Top > オウンドメディア

インターネットでどのサービスを使えばよいか迷ったときは?



インターネットで情報発信するには、

・ホームページ
・ブログ
・SNS
・メルマガ
・ネット広告

など、さまざまな手段があります。

SNSの種類においても、twitter、facebook、Instagram、Line@などのように、非常にたくさんのものがあります。

そして、今後さらに新しいサービスが出てくることも予想されます。


実際に、私もお会いした人から、

「〇〇ってどうなんですか?」

「〇〇を使ったほうがいいですか?」

といった質問をよくされます。


たくさんの手段があるだけに、実際にどれを使えばよいか悩んだり、よくわからないから利用しないといったことはありませんか?

あなたのビジネスにおいて、もし今利用しているサービスよりもっと効果の高いものがあったとしたら、非常にもったいないことです。


それぞれのサービスには、主に利用している人の性別や年齢層などの属性以外にも、SNSなど口コミ効果が高いとか、アフターフォローやリピーターとの関係維持に向いているといった特徴強みがあります。

そのため詳しい機能などはわからなくても、事前にそれぞれのサービスの特徴や違いを知っておくことは大切です。

その上で、どのサービスを使うか判断する際に、あなたが どんな目的で、何を達成したいのかをはっきりさせておく ことが重要です。

さらにどのように運用していくかの戦略を決めることが、結果に大きく影響します。


この点がはっきりしていないと、時間や労力、あるいはお金を無駄に使うことになります。

特に人や時間も限られた小規模ビジネスの場合は、影響も大きいですよね。


またあなたが発信する情報を、いろんな手段を使ってできる限りたくさんの人に届けたいと思うかもしれません。

しかし、マーケティング戦略のアドバイザーとして世界的に有名なダン・S・ケネディはこう言っています。

あらゆる人に届けようとすれば、結局誰にも届かずに終わる


誰に届けたいのか ターゲットを明確にし絞り込むことが大切です。

広告を利用する場合にも、あまりターゲットを広げすぎず、どんな人に情報を届けたいのか、あなたにふさわしい見込み客を特定しターゲットを絞り込むことが必要です。


さらに、マーケティングで成功するための1つに、「正しいメディアを使う」ということがあります。

メディアとは、あなたのメッセージを市場に届けるための媒体です。

メディアを使う場合には、誰にどんなメッセージを届けるかを考えて組み合わせることが重要です。

つまり、どのサービスを利用するか優先順位をつけたり、運用していく方法をシステム化したりして、全体の仕組みを考えるということです。



今ではインターネットの環境も整い、自分専用の発信場所となるメディアを持つことができるようになりました。

それが、オウンドメディア です。

あなたも、自分専用の情報を発信することができる出版社になれる ということです。

【関連情報】
これからのビジネスには、オウンドメディアが重要です!


オウンドメディアを持つことによって、ターゲットとなる見込み客に直接情報を届けることができ、あなたの運営するサービスを信頼できる情報源にすることができます。


ただ数あるサービスの特徴や違いなど、多くの中から情報を知るのもなかなか難しいものです。

あなたのビジネスで、もっとインターネットを活用したいとか、どうしたら良いのかお悩みの方は、

お問合せ画面から、お気軽にご相談下さい(^^)/



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が参考になりましたら、「いいね!」や「シェア」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
コメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さいね!

下にスクロールすると関連情報もありますので、そちらもぜひお読み下さい。


ウェブサイト制作やコンサルティング、ネット活用のご相談、セミナー講師依頼など、ご相談やご質問は、お問合せページ から、ご連絡下さい!


ニュースレターの無料購読

☆ アクセスアップや認知度を上げたい方のお手伝い ☆
【オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト】
見やすいアクセス解析付きで、アフターフォローとコンサルも付いています!
オウンドメディア構築サービス SNSハブサイト

☆ Instagramを活用したい方へ ☆
Instagram解説セミナー動画

☆ LINE@で友達登録して頂くと、お役立ち情報が届きます
https://line.me/ti/p/%40ZBD8040H




↑↑ Youtubeチャンネル登録は、こちらからお願いします♪

にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ



ページ上部へ戻る